【プロ直伝】読みやすい文章を書く3つのコツ【読むだけで文章力UP】

読みやすい文章を書くコツをまとめてみた

こんにちは。
ユメネコです。

わたしは文章で生きている人間でして、ブログ歴3年、ブログやインスタ等で伝わる文章を1年間毎日書きつづけています(文章力のおかげもあって、フォロワー2万突破)。
ユメネコのインスタはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユメネコさん(@yumeneko.blog)がシェアした投稿

↑400文字くらいなので説得力にかけますが、それでもそこそこ分かりやすい文章に仕上がっていると思います。

結論からいうと、『文章は”前準備”と”読者視点”と”型”』がめちゃくちゃ大事になってきます。
説明していきますね。

読みやすい文章を書く、3つのコツ

読みやすい文章を書く、3つのコツ

1.前準備

わたしが思う前準備は、以下の2つです。

  • 書く題材のことを深く理解する
  • 書く題材を1つ絞る

シンプルですが、意外とできていない人が多い印象です。

書く題材のことを深く理解する

文章は、細かい主張こそに書き手の熱意があらわれるもの。
細かい部分は、知識(と経験)がなければ説明することすらできません。

そもそも文章とは、『”答え”を示すものではなく、答えにたどり着くための”手順”を示すもの』です。

もっと分かりやすくいうと、答えだけを教えてくれる教科書ではなくて、その解きかたを教えてくれる先生になりなさいってことですね。

たとえば、

ブロガーA

幸せは結局思いこみだよ!幸せだと思うから幸せになるんだ。

といったような主張をする、ブロガーAさんがいたとします。

…納得できますでしょうか?
共感はできるかもしれませんが、納得までとはいきませんよね。
これが”答え”だけ示した文章です。

対して、

ブロガーB

幸せは結局思いこみだよ!モノで欲を満たしても一時的な満足感しか得られないし、お金をいくら貯めても不安は募っていくばかりだから。結局幸せだと思うためには、小さなことでも幸せだと思いこめる心ありきだよ。

こちらのBさんの主張はどうでしょうか。
Aさんのよりグッと納得感が増しますし、文章がうまいなぁと感じませんか?
このように、答えを導き出した”手順”をしっかり書くことによって、論理的で説得力のある文章をつくることができます

手順をしっかり説明できるくらい、まずは知識(と経験)を溜めることが大前提です。

書く題材を1つ絞る

わたしは文章は増やすものではなく、減らすものだと思っています。

というのも、人は無意識にあれもこれも伝えたがってしまう生き物であるためです。
「減らそう」という意識がなければ、ごちゃごちゃな文章ができ上がってしまい、それが支離滅裂な文章の原因になることは実際に多くあります。

まず、本当に伝えたい題材を1つに絞る。
そして主張、思った理由、その理由が正当性のある理由などを書きつらねていく。

このプロセスが大事ですね。

伝えたいメッセージを1つに絞った文章には、自然と熱意が宿りやすくなりますので、あれもこれも伝える文章よりはるかに魅力的で読みやすい文章になります。

2.読者視点

なぜ文章を書くのか。
それは、伝えたい相手がいるからに決まっています。

わたしたち執筆家の最大の目的は、行動してもらうこと
目的は文章を書くことではないんです。
文章はあくまで手段だということを、忘れてはなりません。

極論ですが、自分よがりの文章を書くくらいなら、読みにくいけど読者が知りたい情報を盛りこんだ文章のほうが価値があります。

なぜなら、あなたの文章が読みやすいかどうかは、すべて読者が評価するものだからです。
言葉を選ばずにいうと、あなたの「書きたい」「読みやすい」は割とどうでもいいです。

それを踏まえた上で、じゃあ行動してもらうためにはどうすればいいのか。
答えはただ1つで、『読者のきもちを理解し、知りたい情報を提供する』のみです。

  1. 悩んでいることは何か
  2. 何を目的で、わたしの文章を読みにくるのか
  3. どんな手順で文章を書いたら、行動してもらえるか

このプロセスを実践してみましょう。

3.型

  1. 主張(〜だ、すべきだ、〜と思う)
  2. 理由(なぜなら)
  3. 根拠(実際に)

この型に当てはめるだけで自然と説得力が増し、グッと読みやすい文章になります。

例文はこんな感じ。

お金のために生きるのは、割と人生損していると思う。
なぜならお金で得られる満足感は限界があるから。
実際に
「年収800万円までがお金で得られる幸福感の限度」という論文もあり、〜〜〜

どうでしょうか。
ある程度、説得力のある文章になっていますよね。

この型はすごく手軽にできて説得力の切れあじも抜群なので、実際にプロもよく利用しています。
初心者でも真似しやすいと思いますので、ぜひ習得してみてください。

ユメネコ

説得力のあるトークが特徴のメンタリストDaigoさんも、よくこの型を使用しているので、時間があればチェックしてみましょう。

文章がうまいブロガー4選【とことん真似しましょう】

男性ブロガー

ふろむだ@分裂勘違い君劇場【論理的な文章】

文章がうまいブロガー1
度肝を抜かれるほど、強烈でするどい文章を書くブロガーさんです。
著名でここまで説得力のある文章をかけるのは、本当にすごい。
扱うテーマもおもしろくて、ただただ勉強になります。
公式ブログはこちら

竹村俊助 Note【読みやすい文章】

読みやすい文章を書く人

編集者のかたのNote。
文章の書きかたが綺麗なのはもちろん、小むずかしい用語を使用せず、ひらがな多めの文章なのですごく読みやすいです。
プロの書き方を研究したいかたは、参考にしてみてはいかがでしょうか!
公式Noteはこちら

女性ブロガー

リリー・クレア オフィシャルブログ【流れるような文章】

文章がうまいブロガー2

なめらかというか。
スッキリとしていて、とても読みやすい文章を書くブロガーさんです。
一度目を通しておくことをおすすめします。
公式ブログはこちら

LICO オフィシャルブログ【共感を生む文章】

文章がうまいブロガー

主に日常のできごとを、日記調で綴っているブログです。
文章がうまいというより、真似しやすい文章ですね。
日記調の文章は『共感』が得やすいメリットがあるので、「ブログでいろんな人と仲良くなりたい!」という女性の方は、真似してみるといいかもです。
公式ブログはこちら

これだけ読めばOK。わたしが参考にしている実用書2冊

created by Rinker
星海社
¥924 (2019/10/14 18:25:56時点 Amazon調べ-詳細)

ベストセラー「嫌われる勇気」の著書がかいた文章の実用書。

コスパは最強です。
たまに読みかえして復習したくなる、内容の濃い本。

ニュースサイト「ナタリー」式の文章講座。

文章の基礎がまなべるので、初学者のかたにおすすめです。

まとめ:文章は慣れ

文章術勉強して、
書く!書く!書く!

また勉強して、
書く!書く!書く!

王道ですが、インプットしたら速攻アウトプットするのが1番はやく成長できます。

経験上、文章ってわりと慣れだと思っていまして。
ブログをはじめた当初は、「中学生か」とツッコまれそうなくらい文法ぐちゃぐちゃでしたが、3年くらい文章書きつづけていたら、いつの間にか文章でインフルエンサーになっていました。

やはり圧倒的行動に勝るものはありませんね。

上記に記載されている内容を勉強をするだけで、わたしくらいの文章力ならすぐに身につけられると思います。

さあ。
ひたすら書きつづけましょう!