【就職してわかった】Webデザイナーに向いているひと、向いていないひと

【就職してわかった】Webデザイナーに向いているひと、向いていないひと

読者さん

どんな人がWebデザイナーに向いているんだろう?
Webデザイナーは実力主義っていうし、長く続けていけるか心配だな…。

本記事はそんなひとに向けた内容です。
この記事を書いているわたしは、Webデザイナーとして約1年ほど働いていまして、だいたいの仕事のフローを把握できるようになってきました。

結論からいうと、Webデザイナーに向いている人と向いていない人は以下のとおりです。

向いている人

  • デザインするのがすき
  • 比較的たのしい仕事がしたい
  • クリエイティブな仕事がすき
  • あまり人と話さずに作業できる仕事がすき

向いていない人

  • 勉強料がおおい職につきたくない
  • ググる力がない
  • 月収50万以上を目指したい

詳しく説明していきます。

はじめに:Webデザイナーのおもな業務について

【現役が語る】webデザイナーってどんな仕事?1日のスケジュールを公開してみた

そもそもWebデザイナーってなにやるの?、という方は上記の記事をざっと読んでおくと、仕事のイメージがだいたい分かります。

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーに向いている人

デザインするのがすき

当たり前ではありますが、デザインが好きなひとにとっては最高の環境が整っています。
一般的な企業広告やHP、会社によっては雑誌コラムのデザインなんかにも関わることもでき、毎日デザイン力を鍛えることができます。

感受性や観察力があるかたは、すごく向いている職業だと言えるでしょう。

  • 感受性がある程度強いほうだ
  • おしゃれなサイトを作れる技術を磨きたい
  • デザインについて興味がある

以上のどれかにはまる方はチャレンジする価値はあるかと思います。

比較的楽しい仕事がしたい

【事実】webデザイナーは比較的楽しい職業です 【事実】Webデザイナーは比較的楽しい職業です

↑この記事で書いたように、Webデザイナーという仕事は比較的楽しい職業の1つだと確信しています。
というのも、ぼく自身『飲食店』『宿泊業』『アフィリエイト』など色々な仕事を経験してきましたが、Webデザイナーのしごとは圧倒的に自由度が高いし、これほど創造性を活かせる仕事はないからです。

縛られるものがすくないのが、この職の最大の魅了ですね。

偏ったデザインだけに特化してホームページを作ることがないので(会社によると思いますが)、さらに仕事がマンネリ化しないのも魅力的だと思います。

クリエイティブな仕事がすき

気持ち悪いくらいクリエイティブな職業ですꉂ(ˊᗜˋ*)
お客さんの要望をもとに、自分で1からホームページの設計をたてることになるため、めちゃくちゃ自由な発想で仕事をすることができます。
もちろんクリエイティブなだけに頭を悩ませることはたくさんあるのですが、退屈な時間がないので時間がすぎるのが本当にはやく感じます。

クリエイティブ職には「時間忘れて没頭し安い」「やりがいがある」「完成した時の達成感がある」などのメリットがあるので、魅力を感じる方はチャレンジしてみるといいでしょう。

あまり人と話さずに作業できる仕事がすき

基本的に人と話さないですむのも、Webデザイナーのいいとこだと思います。
ぼくの場合は、1日のうちと話す時間は大体30分〜1時間程度、大型案件を任せてもらったときは1時間〜1時間半程度になっています。
平均して約40分くらいでしょうか。

「ガンガン人と話したい」という人にはちょっと物足りない仕事なのかもしれませんが、僕みたいに「できるだけ人と話さずに仕事がしたい」という人には、そこそこいい環境が整っていると思います。

Webデザイナーに向いていない人

Webデザイナーに向いていない人

勉強料がおおい職につきたくない

おそらくWebデザイナーは、IT業界の中だと最も勉強量が必要な職業の1つになります。
就職するまえに基礎的なスキルをつけるのはもちろん、就職後もトレンドデザインや新しいプログラムの勉強しなければいけないため、ぶっちゃけ少しめんどうです。

とはいえ、現在は幸いなことに技術系ブログが増えてきたため、最新の情報に触れるのが比較的かんたんになっています。
Photoshopvip』『Web Design Trends』なんかは特に優良サイトですので、デザイナー希望のかたは見ておくといいでしょう。

ググる力がない

別名『検索力』ともいいますが、わからないところを自分で調べられないひとはWebデザイナーに向いていません。
辛口ですが、事実です。

初心者にかぎらず、Photoshopの技術でわからないところがあったり、コーディング作業でわからない技術があるのは日常茶飯事です。
そういった場合、じぶんでGoogle検索で技術をしらべて問題を解決するのも、Webデザイナーの仕事の一環になっています。

わからないところがあるたびに他人に質問しているうちでは、キャリアアップできる仕事を任せてもらえないため、ググる力は絶対につけておきましょう。

月収50万以上を目指したい

Webデザイナーの月収相場は、おおよそ25~40万になります。
実際にどこの求人をみても、年収は300万〜500万前後くらいのところが多く、中々給料があげにくいのが業界全体の傾向になっています。

ですので、月収50万円を目指すなら「Webデザイン+他のスキル」で会社に貢献するか、フリーランスになって自分で仕事をとるかなどしないとダメですね。

将来的に給料の高い仕事に転職することをみこして就職するなら、Webデザイナーになるのも悪くない一手だとおもいます。

まとめ:実際に働いてみないと向き不向きはわからない

Webデザイナー用の転職サイト3選 【現役が解説します】Webデザイナー用の転職サイト3選

こんな先輩ぶったことを書いている僕ですが、就職するまえはデザインなんて学んだこともなく、絶対に向いていないと思っていました。
ですがいざ就職してみてみると、ほかの仕事より圧倒的に自由度がたかく、やりがいのあるこの仕事に魅了されるようになりました。

結局じぶんに向いているとか向いていないとか、やってみないと分かりません。
叙々苑の肉を食ってみないと、そのうまさが分からないとまったく同じです。
とりあえず働いてみて、「向いていねえ!」と思ったら即やめるのが1番です。

迷っている時間はほんっとうに無駄なので、とりあえずちゃちゃっと求人見てみて、良さげな求人があったら、お試しがてら応募してみましょう。
それでは。