付きあうとダメな人7選【運気が下がる人】

どうも、ユメネコ(yumeneko)です。
 インスタグラムはこちら

先日このような投稿をしました。

思っていた以上に反響が大きかったので、本記事でもうちょっと詳しく説明したいと思います。

付きあうとダメな人7選【運気も下がります】

あなたを否定ばかりする人

否定をしてくるひとは、たいてい何をしても否定してきます。
時間的に費用対効果がひくいお説教は無視するのがおすすめです。

失敗を馬鹿にする人

ひとは失敗をしなければ成長することはありません。
強くなろうと努力しているひとをあざ笑うなど、人道そのものを否定しているようなものです。
一流(人格者)はどんな境遇でも解決策をみいだし、乗りこえるための方法を教えてくれます。失敗を馬鹿にするひとが出てきたら、「このひとはまだ二流のままなんだな」と思えば大丈夫です。

他人のうわさをする人

他人のうわさや愚痴を話してストレスを解消しようとするひとがいますが、あれは話された側がストレスになってしまう行為です。普通に考えていやですよね、ネガティブな話しを長々と話されていい気分になるひとなんていません。
たまにならまだ良いのかもしれませんが、毎日のように愚痴を話されるとこちらが不幸になっていき、必然的に運気もさがってしまいます。

自分のことしか考えられない人

自分のことで精一杯。その気持ちはよく分かりますが、わたしたち人間は一人では生きていけないことを忘れてはいけません。
自己愛と自分勝手は違います。

機嫌が変わりやすい人

機嫌がコロコロ変わるひとと一緒にいると、気疲れしますよね。
いちいち気分を把握しなければいけないため、余計なエネルギーを消耗してしまいます。

権威でしか自己表現できない人

  • 地位(身分)
  • お金

この2つで圧力をかけてくるひとです。説明せずとも、一緒にはいたくないですよね。
ちなみにわたしは権威はわるいことだと思っていないですし、逆に持っていて素晴らしいものだと思いますが、それでマウントを取る行為は人間的に愚かだと感じます。
なぜなら人間の器はこころでしか測れないからです。いかにその人がお金を持っていようが高い身分であろうが、結局のところひとが魅力に感じるところはこころの部分です。
内面ではなく実績でおのれを表現しているひとをみると、「知りたいのはそこじゃないのにな…」と思ってしまいますよね。

武勇伝をはなしてくる人

武勇伝に価値があるのは、成功者だけ。

Q.「そういう人から逃れられない環境にいる場合、どうすればいい?」

私の家族です。逃れられない・・・

私と同僚2人しかいない部署で働いています。同僚男性がまさにこのタイプで、この場合、どうすればいいんでしょうかね😩

自分が変わるしかない

自分が変わりましょう。
これしかないです。

もちろんあなたが悪いと決めつけている訳ではありません。
しかし、いくら他人に「変われ!」と説得したところでなかなか変わってくれないもの。プライドが高い人ほど変わろうとしないので、尚更説得は意味がなくなります。
これはあなたもよく理解できることでしょう。

では何をどう変えればいいのか。
わたしが提案したい処方箋は以下の2つです。

処方箋

  • ストレス耐性をつける
  • フリーランスを目指し、1人で仕事できる時間をつくる

かんたんに説明していきます。

ストレス耐性をつける

  • セルフコントロールを身につける
  • 瞑想をして客観的思考を鍛える
  • 合理的になる(俯瞰的になる)

ここらを鍛えていけば、経験上ストレス耐性がついてくるように感じます。
というのも、結局ストレスを溜めこんでしまうひとの多くは、考えなくてもいいことに時間を使ってしまったり、物事を冷静にみれないからです。
合理的でものごとを冷静に判断できれば、落ちこんでも「それって無駄だよね」と割り切ることができますし、実際にわたしもそれが出来ています。

じゃあどうすればいいのか。
先ほどいった瞑想をやってみてもいいですし、わたしみたいに哲学を追求して俯瞰的にものごとをみる能力をつけてもいいですし、欲がでたとき一度冷静に立ちどまる癖をつけてみるものありです。

関連記事

ストレス減らす科学的根拠あり!お手軽にストレスを減らす5つの方法

フリーランスを目指し、1人で仕事できる時間をつくる

1人でも充分に生きていける能力をつける。
結局はこれに尽きます。
なぜなら、運気が下がる環境から逃れられないひとの大抵は、誰かや環境に依存しなければ生きていけない状況であるためです。

あたり前ですが、フリーランス的な生き方がいいと言っているのはありません。
単純に、フリーランスになると運気をさげるひとから逃れられる環境をつくることが出来ますよ、というお話です。

「フリーランスなんてリスク高い」「能力がないわたしには無理」と思うならSNSを使ってブログを書いてみてもいいですし、Youtubeに挑戦してみるのもありです。
とにかく”何かに依存しなくても生きていける”環境をつくることが大切になってきます。

最後に:逃れられない環境にいるのはきついですよね

きついですよ、逃れられないというのは。
わたしも今やネットであるていど収入を得ている環境にありますが、ここまで来るのには相当時間がかかりましたし、(あまり言いたくないですが)正直努力もしてきました。

まあどうしても苦しくなったらお酒でも飲んですぐ寝ることですね。
それでちょっと余裕がでたときにストレス耐性をつける勉強、または実践をする。
もうちょっと余裕がでたらフリーランス的な生き方の勉強、または実践をする。

最初はぜんぜん無理しなくてもOKなので、1日1歩だけまえに進んでいけたらいいですね。
それでは。

コメントを残す