原因論で生きるな、未来志向で生きろ!【何事もうまくいく思考法】

どうも、ユメネコ(yumeneko)です。
 インスタグラムはこちら

今日は、「原因論(=過去思考)で生きると幸せになれないよ」というお話です。
みなさん、こんな考えかたをしていませんか?

わたしには才能がない…。
だからダメな人間なんだ。

努力した経験が全くない…。
だからこの先なにも熱中できるものが見つからないんだろうな。

↑これはよくある原因論からくる思考です。
もちろんお気持ちはよく分かります。
過去が今のじぶんを作り出しているのはあながち間違いではないと思いますし、過去に努力した経験がなければ、努力するのをためらってしまうのも無理はない話です。

しかし原因論で生きると結果を生みだすことは中々できないですし、前に進むことすらできません
たとえばいま世のなかで活躍している経営者や有名人のかたは、みな最初から才能があったから行動したのでしょうか?
違いますよね。
たいていの場合は自発的に行動したから活躍しているのであって、「周りから批判されているけどわたしは成功できると思う!」と未来志向をもって自分で会社を立ち上げたり、芸能事務所のオーディションを受けにいくわけです。

さて。
ではどうすれば未来志向を持っていまを生きられるでしょうか。
本記事では成果がでやすい未来志向を4つご紹介したあと、おまけとして2人未来志向をもった有名人をご紹介します。

ポジティブになれる、何事もうまくいく未来志向4選

行動すればいくらでも能力がつく

そもそも才能とは、『行動してえられた能力や思考』にすぎません。
演技の天才といわれる藤原竜也さんも、鬼のコーチとして知られる蜷川幸雄さんの教えがあったから才能があるわけで、パナソニック設立者の松下幸之助さんも、貧乏だった反動で並々ならぬ努力をしたことで素晴らしい実績があるわけです。
才能なんて行動でいくらでも付きます。

とりあえず行動×行動×行動で、まずは経験値を溜めるところから始めてみましょう。
1年後、あなたは見間違えるほど成長していることでしょう。

うまくいかないのは法則どおりに動いてないだけ

たまに「行動しているのにうまくいかない…」といった類のDMを頂きます。
これも単純で、法則通りに動いていないからです。

どこかの哲学者の言葉に「悩みのほとんどは誰かがすでに悩んだことである」といったものがありましたが、まさにこれですよね。
結局わたしたちが悩むことの答えは、99%ネットや本を探せばでてきます。
ただその答えどおりに行動すれば悩みは解決するのに、なぜか「自己流で解決する!」と遠回りしてしまうのです。
これって凄く勿体ないと思いませんか?

ようは、失敗してしまうのはあなたに能力ないというわけではないということです。
うまくいかなかったら解決策を調べばいいだけなので、落ちこまずに。
情報収集力をつければ解決です。

100本打てば10本くらいヒットがでる

断言します。
圧倒的実力差がないかぎり(大谷翔平vs一般人みたいな)、数打てばヒットは必ずでます。

男子女子とわず、中学生の野球(ソフトボール)部のかたに聞いてみてください。
「100回バッターボックスに立って、何本ヒット打てる?」と。
たいていの中学生のかたは10~20本、才能があまりない子でも2.3本は打てるものです。

つまり『中学生でも行動すればヒットはでるんだよ』ということです。
成功するかなという漠然とした悩みはじつに馬鹿らしい悩みで、ただ打席にたつ回数を増やせばいいだけの話です。

失敗の数はすごい人になれるパラメーター

失敗はメリットだらけです。

  • 失敗をするだけ一般人の気持ちがわかる(=共感をえるのが得意になる)
  • 失敗がおおい人は愛されやすい(=同情してもらえるから)
  • 未来の成果を最大化できる(=マーケティング思考が見につく)
  • 自分に向いていないことがわかる(=自己分析のプロになれる)
  • 謙虚になれる(=無知であると自覚できるから、いつまでも成長できる)

などなど。数えきれないほどあります。
こんなにメリットがあるのに、なぜ皆失敗をしたがらないのでしょうか?
逆に質問したいくらいです。

未来志向をもった2人の有名人

アルフレッド・アドラー

革命をおこした大ベストセラー

漫画が好きならこちらがおすすめ

原因論で生きてしまっているかたは、アドラー心理学を勉強してみてください。
あなたが自分で自分の人生を悪くしている理由が、深く理解できるかと思われます。

未来志向を身につけたいなら、アドラー心理学だけで十分かもしれない。
それほど素晴らしい学問です。

堀江貴文さん

『THE・未来志向』といってもいいくらい素晴らしいかたです。
思考や行動をみるかぎり、堀江貴文さんもアドラー心理学を深く理解できているかたでしょうね。

堀江貴文さんと同じ時代にいられると考えるだけで、ポジティブになってしまう。
わたし自身、それくらい勇気をいただいています。

まとめ

『情報収集 × 行動』 。
これを極めていけば、おのずと成功に近づいていきますので、悩む時間を0にしてどんどん行動していきましょう。

それでは。