MENU

プロ監修!高卒でもWebデザイナーに就職できる理由【やること3つ】

2020 5/07
読者さんのアイコン画像読者さん
Webデザイナーになりたいんだけど、高卒でもなれるのかな?
大した学歴も持っていないし…。

今日はこういった質問に答えます。
この記事を書いているわたしは、高卒で偏差値51くらいの超凡人Webデザイナーなんですが、就職することができた一人です。

結論から言うと、高卒でもWebデザイナーになれます。
あるていどWebに精通していれば、比較的就職しやすい仕事なのかなと思っています。

ではなぜ高卒でもWebデザイナーになれるのか。
その理由から説明していきます。

目次

Webデザイナーは高卒でもなれる、たった1つの理由

Webデザイナーは高卒でも楽勝でなれる、たった1つの理由

Webデザイナーは基本学歴関係ない【実力さえあればいい】

Webデザイナーに限らずですが、IT業界ではあまり学歴が重視されない傾向があります。
なぜなら「未経験でも雇って教育すれば、人件費安くすませるうえに、あるていど仕事もできるようになってくれるから」という考えが採用側にあるからです。
実際に『学歴不問・未経験OK』の求人が比較的多く、実務経験がないひとでもやる気があれば挑戦できる環境が整っています。

ただその反面、スキルを伸ばしつづける努力は必要になってきます。
IT業界は変化がはやいので、今まで主流だった方法がとつぜん使えなくなったり…。
デザインのトレンドもころころ変わるので、常に最新の情報に触れていなければいけません。

つまり「学歴よりも、Webに精通している力のほうがよっぽど大事だよね」というのがIT業界の考えなのです。

『高卒』『未経験』でもWebデザイナーに!就職するまでにやるべきこと

『高卒』『未経験』でもWebデザイナーに!就職するまでにやるべきこと

なぜWebデザイナーになりたいのか、しっかりした理由を持っておこう

どの業界でもそうですが、Webデザイナー界隈においても、本人のやる気はすごく重視されます。
特に高卒なんかはそうですよね。
「なんとなく楽しそうだから」「転職の転機にいままでと違うジャンルの仕事がしたかったから」などといった、あいまいな理由は好かれません。

  • デザインが好きで、〜というサイトみたいな美しいHPを作れるようになりたいから
  • デザインだけでなく勉強してきたSEOやマーケティングを活かして、収益化もできる唯一無人のWebデザイナーになりたいから

みたいな理由を持っておきましょう。

しかし、

のアイコン画像
理由なんて適当でいいだろ!
面接で嘘つけば余裕でだませるし…

と思う方もいるかもしれませんが、それはやめたほうがいいです。
なぜならやる気が落ちてやめていく人が多いのが、Webデザイナー界隈の常識ですから。
Webデザイナーの世界は実力社会だということを忘れないでください。
たとえ面接官を騙せて合格できても、そのさき困ることになります。

ですが、やる気さえあればWebデザイナーはめちゃくちゃ楽しい職業になります!

あわせて読みたい
【事実】Webデザイナーは比較的楽しい職業です
【事実】Webデザイナーは比較的楽しい職業です今日はこんな質問に答えます。実際にわたしはWebデザイナーをやっていまして約1年ほど経っていますが、未だに「仕事が楽しいなぁ〜」と感じる場面がおおいです。では具...

↑就職するとこんなメリットがあるので、最高の仕事だと思っています。

基礎的なHTML・CSSは覚えておこう

どこのWebデザイナーの求人をみても、基礎的なHTML・CSSができることが必須条件になっています。
とはいえ基礎的なレベルでOKでして、簡単なHPを作れるくらいになれれば大丈夫です。

差別化として、プログラミング言語『javaScript』の基礎は抑えておこう

できなくもOKなところも多いのですが、それでもJavaScriptの基礎は押さえておきたいところです。
もちろんガリガリかけるほどの技術は必要なく、それはむしろWebデザイナーではなく、エンジニアの仕事なので問題ありません。

それでも理解しておくだけも他との差別化になりますし、これがきっかけに仕事ももらえる可能性があります。
「できる仕事の幅をひろげたい!」と思っているかたは、学んでおいて損はないかと思います。

未経験OKの会社を徹底的にねらおう【できれば育成期間あり】

スクールを通せば未経験NGの会社に就職できるかもしれませんが、独学で大した実績も持っていないなら、未経験OKの会社をねらうべきです。

特に半年〜1年ほどの育成期間を設けてくれる会社があれば最高ですね!
まったくの未経験でも育成してくれるので、お金をもらいながら仕事ができる実力をつけることができます。
実際わたしも約1年ほどの育成期間をえてWebデザイナーになりましたが、最高のシステムだったなぁと今でも思います。

「そんな会社わたしの地域にないよ!」というかたは、仕方なくではありますがスクールに短期間通って就職するのがはやいですかね。
数十万ほどかかってしまうかもしれませんが、就職できる会社の質と幅を考えたらやすいと思います。
3ヶ月くらい働けばスクール費回収できますしね。

どうしてもスクールが嫌な方は、未経験OKの会社にひたすら履歴書送ってみて、ダメだったらスクールを視野にいれるといいかと思います。

30代以上はあるていどの実績を作っておこう

30代以上ともなると、やはり実績はかなり重視されるようになってきます。
とはいえ立派な実績は必要ではなく、「本業をしながら1年間ずっとサイト作成の勉強をしていました!」「広告代理店で3年ほど働いていました!」くらいの、IT業界にそこそこ精通している態度を示せれば雇ってくれる会社はあるのではないでしょうか。

持っておくと有利になれる実績は、

  • デザイン
  • コーディング
  • SEO
  • Webマーケティング

とかですかね。
デザインは独学だとすこし難しいかもしれませんが、下の3つは独学でもまなべるうえに合格率がぐーんと跳ね上がります。
勉強しておいて損は絶対ないので、興味があればぜひ!

やることまとめ

  • なぜWebデザイナーになりたいのか、理由を持っておこう
  • 基礎的なHTML・CSSは覚えておこう
  • 差別化として、プログラミング言語『javaScript』の基礎は抑えておこう
  • 未経験OKの会社を徹底的にねらおう【できれば育成期間あり】
  • 30代以上はあるていどの実績を作っておこう

以上の点をしっかり守れば、高卒でもWebデザイナーになれます。
そこまで難易度はたかくないので、さくっと実践して就職しちゃいましょう!
応援しています!

目次
閉じる